彼女があなたに夢中になっているかもしれないサイン(2/4)

彼女があなたに夢中になっているかもしれないサイン(2/4)

男性が女性の感情を読み取ることは容易ではないし、女性が男性の心理を解読することも容易ではないかもしれないです。

「女性があなたを好きかどうかはどうやってわかるの」とか、「同僚があなたに惹かれている兆候はありますか。」とか、「彼女は浮気しているのか、それともただ愛想がいいだけなのか。」とか、「彼女のテキストはどういう意味ですか」とか、疑問に思っている方は、ここで少しご説明します。

つまり、男性は最初に行動することが求められている場合がありますが、それは性別とは関係ないはずです。女性は男性にもアプローチできるでしょう。

その一方で、男性にとって大切なのは、気持ちはお互いに共通しているということ、そして自分が好きな女性と同じ考えを持っているということです。そうすれば、男性は勇気を持ってアピールするができるでしょう。

女性は、あなたのことが好きかもしれないという微妙なサインを以下でご紹介していきます。

前編はこちら!

彼女のボディランゲージはあなたへの気持ちをどのように表していますか?

1. アイコンタクトは必須

女性が本当に興味を持っているなら、あなたから目を離すことはできないかもしれないです。

アイコンタクトができるようになるまでには少し時間がかかるかもしれず、なぜなら、彼女の緊張感が徐々に高まっていくからです。好きな人の目を、じっと見るのは簡単ではないでしょう。

2. 彼女はあなたが話しているときに身を乗り出すだろう

例えば、あなたがこの女性と普通の会話をしていて、彼女の体がゆっくりとあなたの体に近づいてきていることに気づき、あなたに最小限の個人的なスペースを残したとします。

これは、もう一つのあなたに引かれている素晴らしいサインかもしれないです。

3. 彼女はあなたの腕に触れる口実を見つける

女性はさまざまな理由であなたの腕に触れるでしょう;すべてが彼女があなたに恋心を抱いているというわけではないです。彼女は、生まれつき親しみやすいのかもしれないです。

逆に、あなたの腕を触っている彼女が愛撫しているように見えると同時に、微笑んでいちゃつくなら、彼女はあなたとの親密さを望んでいて、あなたのことが好きだとあなたに伝えたいのかもしれないです。

4. 彼女は髪に触れる

女性があなたと話しているときに、髪の束をくるくる回している場合は、自分の美しさや女性らしさに気づいてほしいと思っているのかもしれないです。

だから、女性が髪を触っていたら、あなたといちゃついている可能性が高いでしょう。

5. 彼女はあなたを支持する

好きな人を見るたびに、女性は喜んでほほ笑まずにはいられないです。

それに、ほかの人が反応しないのに、あなたの冗談に彼女が大声で笑っていたら、彼女はあなたに夢中になっているかもしれないです。

彼女は同じユーモアのセンスを持っているか、支持を示すために笑っているかのどちらかでしょう。

6. 彼女はあなたの髪に手を通す癖がある

もし女性があなたに夢中なら、彼女はあなたに物理的に近くにいる言い訳を見つけるでしょう。

いずれにしても、興味のない女の子は、あなたやあなたの髪の近くにいることに全く興味がないかもしれないです。

7. 抱きしめ方が違う

先ほどのサインと同じように、近くにいてスキンシップをしたいという気持ちは、女性があなたに夢中になっていることを示しているかもしれないです。

ハグにはさまざまなタイプがあり、ロマンチックなものからフレンドリーなものまであるでしょう。ですから、状況を考慮に入れることが重要かもしれないです。

彼女があなたや他の人たちを抱きしめて挨拶したり、必要以上に長くそこにとどまっていたりするかどうかや、少しきつく抱きしめているかどうかで違うでしょう。

8. 彼女は緊張したりそわそわしたりするだろう

彼女は良い印象を与えたいと思っているでしょうが、あなたの近くにいると、おそらく彼女は神経質になるでしょう。

彼女の言葉はいつもつじつまが合わず、頬が赤くなり、手が震えるかもしれないです。

彼女は彼女の唇を噛んだり、彼女の首に触れたり、彼女の足を組んだりするかもしれないです。

女性があなたのことを好きになっているかもしれないサインとは

1. 彼女はあなたを褒めるのが大好きだ

彼女はいつも、多かれ少なかれ、自分があなたのことが好きだということをあなたに知らせる方法を見つけようとするでしょう。

2. 彼女はあなたと話す口実を見つける

女性があなたと話したがっているからといって、必ずしもあなたのことが好きだというわけではないでしょう。

一方で、彼女が馬鹿げた言い訳を見つけたり、でたらめな話をしていたりしたら、あなたに興味があるのかもしれないです。

(クリームパン編集部)

続きはこちら!

恋愛カテゴリの最新記事