受動的で攻撃的な人間関係を示す7つのサイン

受動的で攻撃的な人間関係を示す7つのサイン

恋愛関係で受動的攻撃性に対処していると、パートナーが何を言っても相手の行動とは一致しないことに気づくでしょう。彼は「大丈夫だ」と言うかもしれません。しかし、彼の行動には、抑えられた怒りの一端が見て取れます。

彼とオープンで正直な会話をしようとするたびに、あなたは壁にぶち当たります。心を開いて本音を伝えようとしても無駄なことのようです。

彼は陰で攻撃的になります。彼は自分のフラストレーションをおおっぴらに見せることも、誰かに怒られたことを認めることもありません。

冷静さを保とうとしていますが、なぜか彼の行動は全く別の様子を見せています。彼がどんなにそれらを隠そうとしても、ネガティブさや怒りを察知することができるでしょう。

受動的で攻撃的な人がすることは、潜在的なナルシストのものと似ています。しかし、秘密のナルシストは、はるかに有毒な方法で物事を極端に取るでしょう。

あなたが受動的で攻撃的な関係に置かれていることを示すいくつかの兆候をご紹介します。

1.自分が怒っていることを認めるより距離を置く方を選ぶ

相手と正直にオープンな会話をすることはできません。彼らは何が問題なのかを話すよりは距離を置く方を選んでしまうからです。彼らは決して怒っていることを認めようとはしません。

彼らは、あなたに何でも話すよりも、すべてを閉じ込めておきたいのです。大丈夫だから、気にかけずに遠くにいても大丈夫、とすぐに言うでしょう。

2.自分が優れていると感じるためのちょっとした戦術を持っている

彼らは決してあなたの言うことを聞かないにも関わらず、いつもあなたに何かを期待させます。電話やメールが来るのを待っていても、相手が電話をかけてくるとは言わず、先延ばしにして時間をかけてしまうのです。

彼らはまた、あなたにメッセージを返信するまでに長い時間待ちます。彼らはわざと遅らせているので、いつもあなたが待つことになります。

3.衝突を避ける

彼らはけんかや対立、激しい議論を避けるためなら何でもするでしょう。彼らは、公然と反対を表明するよりも、あなたの言うことすべてに賛成したがります。

何かのことであなたを責めるかもしれませんが、あなたが彼らに、それについて率直になることを期待することはできません。

4.何でもあなたのせいにする

彼らはあなたをだまして、すべての間違いはあなたのせいだと思い込ませます。真実からかけ離れていることを知っていても、自分が悪いのだと納得させられてしまうのです。

彼らは欲しいものを手に入れるために穏やかな言葉でさえ駆使します。それが見えれば、自分が有害な関係にあることを知ることができるでしょう。

5.直接つながっていないものはすべて忘れる

あなたの誕生日、ディナーデート、などは彼らがやろうと言っていたことですが、彼らは実際にやったり、似たようなことをしたりすることはないままでしょう。心の底では、自分自身ほど重要なものはないからです。結局、あなただけがイライラすることになります。

6.何かに反対しても、決して解決策を提供することはない

彼らは、週末の旅行やデートの計画には躊躇せずノーと言ってくれますが、自分の意見をわざわざ説明したり、問題の解決策を提案したりはしません。

7.褒め言葉を装って人を傷つけるような言葉を使う

彼らは恨みを表現するために皮肉に頼ります。彼らが話す言葉は一つのことを言っているのに、全く反対のことを意味する傾向があります。そして、どんなに上手に侮辱を褒め言葉にまとめても、彼らは本質的に非常に有害なものだというのに変わりはありません。

最後に

受動的で攻撃的な人と付き合うのは簡単なことではありません。彼のその性質を変化させようとしてはいけません。それは事態を悪化させるだけだからです。

彼はすべてを否定し、被害者の役割を演じます。彼のように振る舞うことで、あなたは彼のようになる危険を冒していることは言うまでもありませんが、それはあなたが絶対に望まないことです。

彼を変えようとしないでください。彼が変わることができるのは、自分の消極的で攻撃的な行動を自覚し、変わりたいと思うときだけです。

彼の隠された感情があなたをどこにも連れて行かないと言うかもしれないが、彼はおそらくあなたの話を聞くことを拒否するでしょう。ですから、あなた自身とあなたの感情を安全に保つことを最優先してください。彼が変わっていないと思ったなら、彼から離れるのが一番です。

(クリームパン編集部)

恋愛カテゴリの最新記事