なぜあなたにとって私が十分でないのか?

なぜあなたにとって私が十分でないのか?

あなたは私が十分ではなかった理由を不思議に思ったので、私はあなたが嫌いです。

私がどれだけあなたを愛していたか、あなたは知っているでしょう。

そう、私があなたを十分に愛していないと非難した時もあったけれど、心の底ではいつも、私のあなたへの愛がどれほど素晴らしいものかを知っていたかもしれないです。

だから、ショックかもしれないけど、もうあなたを愛していないことを伝えるためにここに来ました。そして、それだけでなく、あなたが嫌いです。

あなたへの愛、一緒に過ごした年月、そして共有したすべての瞬間の後に、私はあなたが嫌いだと言うことができます。

あなたは、私があなたを永遠に愛し続けると思ったでしょう、あなたが私をどのように扱ったかに関係なく。しかし、あなたは間違っていたでしょう。

愛とは何かを教えてくれる代わりに、あなたは私が憎むことができることを教えてくれたのです。あなたが決してコミットできないから、私はあなたが嫌いです。

あなたといると、自分の立場がわからなくなるのです。あなたは私の元を去り、好きなように戻ってくることを繰り返したでしょう。将来について話そうとせず、私たちの間にレッテルを貼ろうとしなかったです。

何年も一緒にいたのに、私はいつも、あなたにとって気軽な浮気相手だったような気がします。

だから、次のステップに進もうと考えるほど、私はあなたにとって十分ではなかったのだろうと思いました。

私を捨てて他の女に走ったことも、私を裏切ってそれを隠そうとしたことも、全部憎いでしょう。

浮気を否定しようとしなかったことも、もっと憎いかもしれないです。あなたが一緒にいるときでさえ、私はいつも他の女の子と競争しなければならないような気がしていたのです。

いつもあなたの周りにいる女の子たちと私を比べて、私ではなく、その中の誰かと一緒にいたいと思っていたような気がするんです。

あなたは一度も私を特別な存在として見たことがなかったでしょう。私は、あなたにとって唯一の存在であるために十分でないと思わせたあなたが嫌いです。

私に十分な注意を払わないあなたが嫌いです。

いつも私があなたの最後の選択肢であるかのように感じさせて、私が重要でないかのように感じさせて、私はあなたが嫌いです。

私を変えようとするあなたが嫌いです。私には欠点があるけど、あなたは本当の私を受け入れてくれなかったです。

あなたが望んだのは、私があなたの想像上の基準に合うように、私を変えることだけだったでしょう。

あなたにとって、私はあまりにも感情的で、繊細で、弱い存在でした。

私を不安定にさせたあなたが憎いです。あなたに出会う前の私は、自信に満ち溢れていたでしょう。生意気だったとは思わないけど、自分の価値はわかっていたかもしれないです。

でも、あなたはそれを変えてしまったでしょう。あなたは私の自尊心をもてあそび、あなたがそばにいてくれることに感謝すべきだと説得し、他の男は私を欲しがらないと言い放ったのです。

あなたは何年もかけて、私は不十分だと説得しようとし、私はほとんどあなたを信じていました。

私は十分に美しくなく、十分に賢くなく、十分に成功していないと感じさせられたから、あなたが嫌いです。

私を、侮辱し、私が何の役にも立たないと信じ込ませたあなたが憎いでしょう。私が何をしても、どれだけあなたを喜ばせようと努力しても、あなたにとっては決して十分ではなかったのです。

あなたは、私が十分でないと感じさせ、それがなぜなのか私に疑問を抱かせました。それが、私があなたを最も憎む理由かもしれないです。

私を認めてくれない人、私を心から愛してくれない人にとって、私は十分ではないはずだと気づきました。

あなたは私を十分に愛する方法を知らない人でした。

あなたは自分自身の問題に対処しなければならない人でした。だから私を不安にさせようとしたのです。あなたは私にふさわしくない人だったでしょう。

そして、あなたは決して私を取り戻せない人かもしれないです。

(クリームパン編集部)

恋愛カテゴリの最新記事