独身生活を受け入れるための10のヒント(1/2)

独身生活を受け入れるための10のヒント(1/2)

ソーシャルメディアでの幸せなカップルのかわいい写真、ロマンチックな映画、親しい友人や親戚からの一人でいることへのプレッシャーは、すべてあなたが独身であることに疲れを感じさせる原因となるかもしれないです。

あなたが何をしていようと、どこへ行こうと、すべての小さなことがあなたのシングルステータスを思い出させ始めます。そして、あなたはそれに飽きてしまうでしょう。

あなたはまだ自分の独身生活にイライラしていて、物事が違っていればいいのにと思っています。

しかし、1つだけ言っておきます。

あなたがまだ独身でいる唯一の理由は、そうあるべきだからかもしれないです。それぞれの人には独自の道があり、独身でいることはあなたの旅の一部でしょう。

独り身でいることにうんざりしている人のために、独身生活を理解し受け入れるのに役立つかもしれない10のことを紹介します。

1. 希望を失わない事

正当な理由がなくても、ときどき気分が悪くなるのはまったく問題ないでしょう。

幸せなカップルに囲まれていて、 「唯一の人」 を見つけられないのではないかと心配していても、ときどき希望を失っても問題ないかもしれないです。

しかし、人生の毎日、そのように感じるのは良いことではないでしょう。

誰もがそれぞれ独自のタイムを持っており、あなたは今いるべき場所にいます。

2. あなたが現在独身であるのにはおそらく理由がある

私たちはこれに気づいていないことが多いのですが、彼らが何を言っているかは知っているでしょう:独身がいる事にはおそらく理由があるのです。

あなたが今独身でいるのには、おそらく何らかの理由があり、その理由は自分のために働くことから、キャリアに集中することまでさまざまです。

独身でいることは、すべての問題に対処し、自分自身に取り組むための適切な時期かもしれないです。

3. 間違った人と一緒にいるよりも、独身でいる方がいい

私の親友の一人が最近私に、 「いい人はみんな連れて行かれてしまうから絶対に会わない」 と文句を言いました。

私は彼女にこう答えました 「どうしてそんなことを心配するのでしょうか。」間違った相手と一緒にいるよりも、独身でいる方がいいということを忘れないことです。

独身でいることにうんざりしている人は、独身でいる方が間違った人と一緒にいるよりも10倍良いという事を忘れがちです。

4. 1人の時間を充実させる

もしあなたが独身でいることに疲れていて、デートにも疲れているなら、無理をしてはいけないです。

一人でデートするということは、レストランに行ったり、映画館に行ったり、飲み物を飲んだり、散歩に行ったり、ピクニックに行ったりすることができるでしょう。

1人の時間を過ごし、1人で何かをすることも、セルフケアの重要な部分かもしれないです。

自分との時間を楽しむことができるようになれば、誰かとむりやりデートしようなどとは考えなくなるでしょう(少なくとも当面は)。

(クリームパン編集部)

続きはこちら!

恋愛カテゴリの最新記事