私が癒せなかった男性へ

私が癒せなかった男性へ

あなたに初めて会ったとき、私の目には今のあなたの姿は写りませんでした。代わりに、あなたがこれからなれるだろう男性の姿を見ました。

私はただ、あなたの過去があなたに与えた影響を見ることを拒否したのです。私はそれについてすべてを知っていたのですが、私はあなたが自分を見るようにあなたを見ることを拒否しました。

あなたはそう言い続けていましたが、私は壊れたままの男性と付き合うことを拒否しました。

あなたはいつも正直でした。過去に何度も辛い経験をしたことがあるが、いまだに対処方法を知らないと言っていました。

あなたは私にあなたにたくさんの苦痛を与えた少女がいると言いました。あなたが彼女に与えたすべての愛にもかかわらず、あなたを裏切った少女がいたのだと。

あなたは彼女があなたの本質を変えたと言いました。彼女があなたに与えた害があなたを別人のようにしてしまったと。

あなたが、愛への信頼をすべて失った、苦々しく悲観的な男になったこと。

すべての欠点にもかかわらず、あなたを愛してくれる女性がいるかもしれないと信じられなくなったこと。

それでも、あなたをありのままのあなたとして受け入れてくれる女性はいるかもしれません。あなたのすべての不安、不完全さ、心の傷と一緒に。

あなたは人への信頼を失ってしまったと言っていましたが、あなたは自分にどれだけの力を出せるかわからないので、期待しないようにとアドバイスしてくれました。

しかし、私はこれを危険信号とは思っていなかったし、あなたが私を追い払うこともありませんでした。

その代わり、私はあなたの正直さに何よりも感謝しています。

そして、私はあなたを救うために私の使命としてそれを受け取りました。

あなたの心と魂を癒すことができるのは私だけだと思っていました。

本当の愛は傷つく必要はないし、あなたが受け入れたすべての女性があなたを傷つけるわけではないことをあなたに示すのは、私なのだと。

私は忍耐をもって身を固め、あなたが私に心を開いてくださるのを待ちました。

私はあなたが私を信頼できると感じ、私にコミットするのを待っていました。

私はあなたを、手の届かない、精神的に傷ついた男性だとは思っていませんでした。

私はあなたの心の傷をよく知っていましたが、それらを通してあなたを見ることを拒否しました。

私はあなたが多くの資質を持った人であることを知っていましたし、あなたにはあなたの壊れた心以外にも、提供できるものがたくさんあることを知っていました。

そして、私はあなたが心を痛めてしまう前に、かつてのあなたを呼び起こすことにしました。好むと好まざるとにかかわらず、私はあなたを救うことにしました。

私が知らなかったのは、心の底では、あなたは救助されることを望んでおらず、私の努力はすべて無駄で、最初から絶望的だったということです。

あなたが感じていたこの痛みは、あなたのコンフォートゾーンになっていて、今までずっとそれにしがみついていたのです。

私が知らなかったのは、あなたの心と魂の破片を拾おうとすれば、何年もの人生を失うことになるということです。

私が知らなかったのは、あなたが精神的にダメージを受けているだけではないということです。あなたは周囲の人、特に私にもダメージを与えていました。

私が知らなかったのは、どんなに頑張ってもあなたの傷ついた魂を救うことはできないということです。

しかし、最も重要なことは、あなたが癒されず、私を壊してしまうことを知らなかったことです。

誤解しないでください。何もあなたを責めているわけではありません。それでも、あなたが知っている最善の方法で私を扱ってくれたと今でも思っています。

それでも、あなたは私をあなたのネガティブな気持ちに引きずり込んで、私を完全に疲れさせてしまいました。

私はあなたの行動パターンに慣れてしまったし、あなたが私の性格を変えてしまったのです。

結局のところ、私はあなたの失恋を治してあげることはできませんでした。私は自分の心を壊したにすぎません。

私は明らかにあなたを治すには弱すぎたのです。私は明らかに壊れた男性を愛するほど強くなかったのです。

私のあなたへの愛は、あなたの傷や傷跡を癒すほど強くはなかったのです。

そして、私はそれを心の底から残念に思っています。

約束を守れず、あなたを癒すことができなくて、ごめんなさい。

あなたより自分を選ばなければならなくてごめんなさい。そして、あなたがまだ私を必要としていることは明らかだったのに、あなたを見捨てて、ごめんなさい。

しかし、それは私が自分自身を救うためにしなければならなかったことです。私はただあなたを諦めなければならなかったのです。

そして、私はそんなことをした自分を許すことはないでしょう。

(クリームパン編集部)

恋愛カテゴリの最新記事