誰も私を愛していない:この感覚を理解して対応する(1/3)

誰も私を愛していない:この感覚を理解して対応する(1/3)

私たちは皆人間であり、感情を持っています。

私たちが親密さ、つながり、愛を求めるのは当然のことですし、そうしたものがないと怖く感じるのも当然です。

孤独の感情が私たちの気持ちを消耗させ、誰も私たちを愛していないと信じさせてしまうかもしれないです。その感情は私たちの心をむしばみ、自尊心に影響を与えるでしょう。

誰かがありのままのあなたを愛しているとき、それは最も誠実な愛かもしれないです。

私の家族や親しい友人は、私をあまり支えてくれなかったです。

私が彼らを最も必要としていた困難な時代には、私を理解してくれる話し相手がいませんでした。

私は、家族の厄介者でした。弟はバスケットボールをし、妹はギターを弾いていました。二人ともとても上手でした。

私には趣味がありませんでした。私はスポーツや音楽が好きではなかったし、それらも得意ではなかったです。歴史が私の情熱で、私は考古学者になりたかったです。

私がまだ子供だったので、両親はそれを面白がっていましたが、私にとってはそれが人生の目標でした。私はさまざまな石を集め、それらについてすべてを学ぶためにGoogleを使いました。

私のいわゆる 「友達」 は私を 「石の収集家」 と呼びましたが、私はそれについてどう考えてよいかわからなかったです。多くの人が、私を変で気味が悪いと思ったのです。

このすべてが、自己不信、孤独感、さらには自己嫌悪への気持ちを高めました。私を愛してくれる人は絶対見つからないと思いました。

とても痛かったですが、私は夢を諦められなかったです。誰も私のことを気にかけてくれていないような気がして、ほとんど毎晩泣いていましたが、諦めないと誓っていました。

そして、私は自分と親友になる必要があると思いました。私は自分自身と自分の夢にもっと取り組むことにしました。

私を信じてくれない人たちと一緒にいる時間がなかったです。

私の過去が教えてくれたのは、誰も私のことを気にかけてくれないと感じることがあってもいいということです。

誰も私を愛してくれなくても、大丈夫だということを教えてくれました。

それは、私の自尊心を助けてくれました。今は、誰も私を傷つけることはできないです。なぜなら、私はそれに慣れていて、人々はいつも私を愛してくれないことを知っているからです。

そして、私を愛し続けてくれる人を一人知っているので、私はそれで構わないです。

今日、私は恋愛関係にあり、多くの新しい友人がいますが、時々、一人でいるのが好きで、まだ誰も私を愛してくれていないと感じることがあります。

(クリームパン編集部)

続きはこちら!

恋愛カテゴリの最新記事