醜いアヒル症候群:自分を受け入れることを学ぶ(2/2)

醜いアヒル症候群:自分を受け入れることを学ぶ(2/2)

子どものころ、醜いアヒルの子の話を聞いたことがあるでしょう。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの古典的なおとぎ話である、虐待と孤独に苦しみ、最後には美しい白鳥に変わる地味な小鳥のお話です。

醜いアヒルの子症候群という名前はこの話からきているのでしょう。

前編はこちら!

4. あなたは自分が好きでない

あなたは何度も良くないと言われ、それを信じたのでしょう。

自分の弱さが自分をさらに弱くすると思って、自分の弱さを隠してしまうと、痛みを伴うことに対処するのが難しくなるかもしれないです。

5. あなたは恋から逃げる

あなたは自分を愛を見つけられる人だと思っていないのかもしれないです。誰かがあなたに興味を示したとき、あなたはそれに気づくことができず、それを信じることさえできないのでしょう。

醜いアヒル症候群の影響を克服する

醜いアヒルの子症候群は、感情的に傷つきやすくします。

これらの問題に対処する方法を学ぶことは、自分の価値は実際よりも低いという誤った事から脱却するのに役立つかもしれないです。

• 外見に関する不安

立派で愛らしい人になるために美人である必要はないでしょう。美貌は幸福の条件でもなければ保証でもないかもしれないです。

もっと魅力的になりたいのであれば、自分に合ったヘアスタイル、似合う服を検索してみるのも良いでしょう。

• 低自己組織

例えば、中学時代にオタクだと思われていたら、拒絶されたり、いじめられたりしたかもしれないです。

虐待された結果、自分の価値を疑っているでしょう。

ありのままの自分を、評価してくれる人たちに囲まれるのがよいかもしれないです。

まとめ

自尊心の低さは、自分の欠点だと思われていることを指摘され、苦しめられることによる結果の一つかもしれないです。

(クリームパン編集部)

恋愛カテゴリの最新記事