自分を大切に扱うには(1/2)

自分を大切に扱うには(1/2)

友達が困ったことを相談してきたら、どうしますか?あなたは協力的で理解のある人ですか、それとも不満を言うのをやめて改善するように言いますか?

もちろんあなたは親切にするでしょうが、同じ問題が自分に起こったときはどうしますか?あなたは友達よりも自分に厳しくしているはずです。

私たちが時々、自分自身を何度も扱うように愛する人たちを扱うとしたら、彼らは私たちをあまり好きにならないでしょう。

なぜ自分を愛する人のように扱うのは難しいのでしょうか?

自分を愛する人のように扱う5つの方法

私たちは、成功するためには規律とルールが必要だと教えられていますが、その逆もあります。

自分に厳しくしているからといって、ベストを尽くそうとするわけではありません。自分を大切にしているからこそ、成長できるのです。

自分自身に思いやりを持つということは、自分を甘やかしたり、調子に乗ったり、すべての責任を風になすりつけるということではありません。自分のために最善を尽くすということです。

重要なことは何でもそうですが、言うは易く行うは難し、です。毎日続けることがポイントです。

冷静にならなければならないサインに気づくたびに、自分を愛する人のように扱うという意志を練習しましょう。

ではどうすればいいのでしょうか?

1.自分を愛する

自分を愛する人のように扱うことが、自分を愛する近道です。だから、この旅を始める前に、それが何を伴うかを理解しておく必要があります。

自己愛とは、自分の価値を見出せることです。自分を愛していれば、自分の価値を確認してくれる人は必要ありません。

そこに至るのが怖い、あるいは不可能だと思うなら、自分が他の人を好きになるのと同じように、好きになることを選ぶことから始めましょう。

いきなり恋に落ちるわけではありません。人の中にある愛すべきものを認識し、愛する心を開きます。同じように、自分を愛することを決めることができます。

それには長い時間がかかり、一生かかると言う人もいるでしょう。

しかし、良い点は、一歩一歩進むごとに、自分自身への愛が深まるにつれて、徐々に自分の肌の中で優しく、愛情深く、幸せになっていくことです。

2. 自分に感謝する

毎日やっているさまざまなことを考えてみてください。あなたが一日にやらなければならないことを誰かに一日代わってもらうことができたら、感謝しますか?もちろん、そうでしょう。たくさんあるのですから。

あなたも同じことをして当然じゃないですか?責任者の内なる声は、前に進むべきだと言っているかもしれませんが、自己愛があなたを前進させるのです。

自分に感謝するということは、自分を今の自分にしてくれたすべての人に感謝することでもあります。

やり方がわからない場合は、親友に感謝の気持ちを伝える方法を考えてみましょう。

自分でどうすればいいのかわからない場合は、以下の方法を試してみてください。

  • 努力に報いてみる

しばらく前から目にしていたものの、自分のために買うことを正当化できなかったものを手に入れましょう。自分の望みを大切に。

あるいは、誰かがあなたに何かを売りつけたり、個人情報を盗もうとしたりする消費社会に浸りたくないなら、自然の中を散歩したり、ペットと遊んだりして自分を甘やかしてみてはどうでしょうか。

  • ありがとうと口に出す

率直に「ありがとう。」と言ってみましょう。最初は違和感があるかもしれませんが、自分が何に感謝しているのかを具体的に示せば、それは普通のことのように感じられるようになります。

ポジティブな自己肯定を通じて感謝の気持ちを示すこともできるでしょう。

  • お世辞を言う

自分を褒めてください。やり方がわからなければ、ノートを取って、毎日今日の褒めポイントを1つ書いてください。

しばらくすると、自分にいろいろと褒めるところがあることに驚くでしょう。

  • 体に気をつける

よく食べて、運動して、十分な睡眠をとってください。これらの基本的なことはすべて、自分のことになると軽視してしまいがちです。

心の中の子どもに徹夜でゲームをさせたり、一日中寝させたり、アイスクリームだけ食べさせたりしてはいけません。

  • 好きなことをする

深呼吸をして、他の人のことは忘れて、時間のない好きなことをして、気にかけていることを示さなければならないこともあります。

  • 思いやりをもつ

確かに、自分の誕生日を忘れてしまうこともありますが、家族に対しては電話やプレゼントを届けるでしょう。あなたは他人に与えるのと同じだけの贈り物を受けるに値するのです。

自分の人生をおろそかにしてはいけません。

  • 自分の業績を称える

自分が成し遂げたことに満足するのは、自慢していることにはなりません。仕事でプロジェクトを終わらせたり、自己改善に取り組んだりするのは評価されるべきことです。

いずれにせよ、あなたは感謝されるに値するのです。

3. 自分を許す

小さな失敗や大きな失敗は、すべて過去のものです。自分の心を殴りつけると、同じことを繰り返すことを恐れて体が麻痺してしまい、前に進めなくなります。

自分を許し、影響を受けたかもしれない人に償いをし、そこから学び、前に進みましょう。

これは難しいことです。下手な決断にくよくよして自分の選択を後悔するのは、息をするのと同じくらい簡単なことです。

これが、自分を愛する人だと考えることがうまくいく理由です。あなたは親切にする方法をすでに知っています。今はそれを自分に見せるだけでいいのです。

例えば、職場でのプレゼンテーションがうまくいかず、上司が不満そうだったとします。今となってはどうしようもありませんが、あなたをむしばみ、不安にさせています。

同じ状況のパートナーに対して、それを問い詰めて苦しめることはしませんよね?眠れない夜は当然の報いだとは言わないでしょう。

心配してもいいが、それを受け入れて、次回はもっとうまくやるようにと言うはずです。

それを自分にもしてあげてください。

(クリームパン編集部)

続きはこちらから!

恋愛カテゴリの最新記事