あなたが強制的な関係にあるかを教えてくれる15のサイン(2/2)

あなたが強制的な関係にあるかを教えてくれる15のサイン(2/2)

パートナーのいない未来を恐れているのは理解しています。しかし、関係を続けることばかり考えていると、最終的には強制的な関係になってしまいます。

これはまずい状況で、精神的なダメージと精神的な健康へのダメージを悪化させるばかりです。このような関係を続けることはお勧めできません。

相手が本当にその人なのか、それとも自分がそれを強要しているのかを自問しているかもしれません。ここでは、これらの質問に対するいくつかの回答を示します。彼と一緒の未来が本当にあるかどうかを教えてくれるサインの一覧です。

前編はこちら!

8. 安心できない

関係を強制しているのだから、安心できないということもあるでしょう。感情的な虐待や家庭内暴力でこのようなことを感じないことを願います。

過去の経験から恋愛関係になることを恐れる人はよくいます。愛する人に傷つけられたり、虐待されたりした可能性もあるからです。そのため、心を開いて誰かを信頼することが難しくなるのです。

9. 未来への希望がない

人間関係は双方向のものであり、双方のパートナーが平等にそれに投資すべきです。一方のパートナーが他方のパートナーに対して興奮を欠いている場合、これは彼らにとって正しい関係ではないかもしれません。

興奮の欠如はどちらにも起こりうることですが、他人が自分に退屈していることを認識することは、多くの場合、より困難なことです。

パートナーや人間関係に興味がないと感じている場合は、相手も自分のことを同じように感じているようではないかと自問してください。周りにいることや話しかけることに興奮していないようであれば、問題があるかもしれません。

10. 友達ではない

もう一つ考えられるのは、恋愛関係で友達ではないということです。最高の愛は友達から恋人へと変わっていくが、「友達」の部分が欠けています。両者の違いは、人間関係は信頼と愛の上に成り立っているということです。

友情は相互の利害関係に基づいて構築されますが、友情は一時的なものであったり、生涯にわたるものであったりします。人間関係の安定性を維持するためには、長期的なものであることが望まれます。

11. 時々だけ気分がいい

自分の関係に満足している時もあれば、そうでない時もあります。これは正常です。関係が必ずしも良好とは限らない理由と、関係をより楽しむ方法を探求する必要があります。

どのような関係であっても、女性主導の関係であったり、私的な関係であったりしていませんか?大事なのは気持ちを良くすることです。パートナーのことを良く思っていないなら、関係に何か問題があるのでしょう。

12. 尊重されない

あなたは常に尊敬を求め、そしてそれを否定されていませんか?人間関係におけるパートナー間の尊重がないことは、よくある問題です。嫉妬、不安、不貞など、さまざまな原因が考えられます。

この問題を解決するための最初のステップは、敬意の欠如の原因を特定することです。問題の原因がわかったら、問題の根本的な部分に取り組み、修正方法を見つけることができるでしょう。

13. 目標がない

強制された関係では、一緒に何の目標も持たないことがあります。カップルの目標は、あらゆる関係において重要な要素です。

恋愛関係にあるときは、将来のことを一緒に話すのが自然です。しかし、パートナーがその話をしたくないのであれば、その時が来たのです。将来の目標が決まっていない関係を続けてはいけません。

14. バラバラに漂っている

あなたとパートナーはバラバラになっていませんか?夫婦関係が疎遠になることは珍しくはありません。

飽きてしまうかもしれないし、以前ほど注目されなくなるかもしれません。これは関係を強制しているサインであり、関係を進めてはいけません。

15. ささいな幸せすらない

幸せになれることはたくさんあります。人間関係の小さなことが、それを成立させるのです。何の努力もせずにできる暗黙のジェスチャーです。

小さな親切をすることは、その人が自分にとってどれだけ大切な人であるかを示す方法です。相手がいなくなった後に偽の恋人を作ることもできるが、パートナーはあなたが関係を強制していると言うことができるでしょう。

強制された関係にNOと言うべき5つの理由

人間関係は強制されるものではありません。相手の気持ちを尊重し、相手が望むならスペースを与えることが不可欠です。

ほとんどの人は、人間関係がどのようなものであるべきかについて異なる考えを持っており、それを尊重すべきです。

以下に、関係を強制してはいけない理由をいくつか挙げます。

  • 心のずれが広がる

現実を直視しましょう。あなたと相手の心はかなり離れてしまっています。人生にはさまざまなものを求め、この関係が自分を制限しているようです。

  • フルタイムの仕事のようになってしまう

確かに人間関係には仕事と似た要素もありますが、無理をすると時間を取られすぎてしまいます。

  • 不幸になる

そうですね、双方とも関係が完全に不幸になるでしょう。では、なぜそのままでいる人たちもいるのでしょうか?それはただ慣れてしまっているからです。

  • 見せ物になる

友達や家族がそれを見たり、SNSでも目にすることになるでしょう。頑張りすぎです。

  • 心の健康を害する

現実ではないものにしがみつき続けることで、感情的にも精神的にも健康を害してしまいます。

うまくいかない関係を強要してはいけない理由はたくさんあります。最も重要なのは、不幸せな関係を長く続ければ、自分自身やパートナーを傷つけることにしかならないということです。

最後に

結局のところ、心の中で「一緒にいたいのに。」と思ったとしても、これらの兆候が見えているなら無理に一緒にいるべきではありません。自分の心を何度も打ち砕くようなものです。

自分を第一に考え、大切な人にも自分の考えを発言してもらう必要があります。ただし、それも強制するべきではないということです。

心の健康、感情、人間関係、職業生活、そして身体の健康が損なわれます。だから、自分を奮い立たせて、自分だけのプライベートを続けてください。

(クリームパン編集部)

恋愛カテゴリの最新記事