サイレント・トリートメントがあなたの性格を物語る(2/2)

サイレント・トリートメントがあなたの性格を物語る(2/2)

誰かに冷遇されたり無視されたりしたことはありますか?もしそうなら、受け取り側の人にとってどれだけ心が痛むことか、すでに知っているはずでしょう。

しかし、その影響はそれだけではありません。誰かを冷遇したり無視したりすることは、自分の性格をよく表すことになります。

このようにコミュニケーションを避けたり、無視したり、相手を傷つけたりすることが、本当の自分がどのような人間なのかを示しているのです。また、その人との関係にもダメージを与え、修復不可能になることもあるでしょう。

実際のところ、このような感情的虐待の方法を使うことは、あなたの性格を規定する可能性があり、それがどのように可能かまだわからないのなら、この記事を最後まで読んでください。

前編はこちらから!

6.サイレント・トリートメントがもたらす結果を気にしないほどに軽率で無関心である

繰り返しになりますが、これらの特徴はすべて自己愛的な人の特徴です。そして信じてほしいのは、ナルシストと呼ばれることは、人が得ることのできる最悪の肩書きだということです。

しかし、考えてみると、どんな人がわざと人を傷つけ続け、気にしないのでしょうか?。

ですから、次に誰かを冷遇しそうなときは、このことを考えてみてください。自分をナルシストのように見せたくないなら、このひどいナルシシズムのテクニックを使うのはやめましょう。

誰かに利用されていたり、虐待されていたり、傷つけられていたりしたら、その人と話しましょう。対立を黙って解決するのではなく、健全な方法で解決するようにしてください。

また、誰かに傷つけられたからといって、その人を傷つけてもいいというわけではないことを忘れないでください。復讐したいからといって、相手のレベルに身をかがめてはいけません。手を離して立ち去ることは、最高の復讐でしかありません。

どのようなタイプの人がサイレント・トリートメントを行うのか

  • 自己愛的な人。自己愛的な性格の人は自分のことしか考えず、サイレント・トリートメントが自分のためになると思えば、相手の苦しみがそれを諦めさせることはありません。
  • 人を操る人。これは間違いなく、誰かを操作して自分がしてほしいことをさせるための、人を操る人のお気に入りのテクニックです。受け手側の人間が真の感情を持っていれば、遅かれ早かれ、操作に引っかかってしまうでしょう。
  • 未熟な人。健全なコミュニケーションが取れないからといって、相手との衝突を避けたり無視したりすることは、未熟さの大きなサインです。
  • 冷酷で無気力な人。他人の気持ちを気にしない人も、無言で相手を手当てすることができます。感情が麻痺していて、他人の痛みを感じることができません。
  • 虐待者。虐待性人格障害の人は、サイレント・トリートメントによって他人を傷つけることが平気です。彼らにとって、それは被害者を罰するために喜んで使う虐待の一形態です。

サイレント・トリートメントの背後にある心理とは何か

心理学的な観点からは、サイレント・トリートメントは感情的虐待の一形態であり、虐待者が被害者を罰したり、何かをさせたりするために用いる操作的な方法であると考えられています。

誰かが他の人とのコミュニケーションを断つことを決めた場合、それには理由が必要です。全く意味がないからといって、誰かと話すのを止めることはできません。

自尊心の低い人や不安に悩む人は、他人との対立を解消できないため、このような感情的虐待を受けやすい傾向にあります。彼らは「自分を救う」ために沈黙し、受け手側の人のことさえ考えません。

このような精神的虐待は、非常に不健康で有害であり、最も強い人間関係にもダメージを与える可能性があります。コミュニケーションの欠如はパートナー間のつながりを弱め、徐々に離れていってしまいます。

また、実際には、言葉による虐待よりも、精神的な健康に悪影響を及ぼす可能性があります。その結果、身体的な痛みを引き起こし、将来の人間関係につきまとう傷を残すことさえあるのです。

サイレント・トリートメントは未熟なものなのか

ほとんどの心理学者や人間関係の専門家は、沈黙療法は非常に未熟だと考えています。実際、被害者を感情的に虐待するために、未熟で自己愛的で人を操る手法であることには、ほとんどの人が同意しています。

成熟した人々は、健全なコミュニケーションを通じて、常に健全な方法で対立を解決する方法を見つけます。コミュニケーションを避けることは、問題や意見の相違に対処する方法ではないことを知っているため、決してしないことです。

青少年や若年成人は村八分になりやすいことは誰もが知っており、サイレント・トリートメントが未熟であるという事実を裏付ける証拠の一つにすぎません。

安定した成熟した人間であれば、自分の問題に直接対処し、無視したり、避けたり、隠そうとはしません。自分の気持ちや考えをどう表現すればいいのかわからないのであれば、本当に感情的な成熟に取り組むべきです。

誰かにサイレント・トリートメントを行ってもいいのか

正直なところ、その人のことを全く気にかけず、はっきりさせておきたいと思っている場合に限っていいのです。ただし、相手のことを特に気にかけていなくても、常に敬意を示すべきです。

その人との関係を終わらせ、理由を説明することができます。あなたの無言の扱いは、受け手側の人にとっては心が痛むかもしれないし、故意に他人の気持ちを傷つけることは、あなたを悪い人間にしてしまいます。

それは実はナルシシズムの表れなのです。同じように無視されたらどう感じるか想像してみてください。いい気分じゃないでしょう?

そうならば、他の人にそのような気持ちを抱かせてはいけません。その人とのコミュニケーションを終わらせる、より苦痛のない方法をいつでも見つけることができるはずです。

サイレント・トリートメントを受けるのは人間関係にとって悪いことなのか

別のところでどんなに努力しても、サイレント・トリートメントが二人の関係に良い影響を与えるとは考えられません。そのため、人間関係に悪影響を及ぼし、パートナー間の絆を損なったり、完全に台無しにしたりする可能性があります。

コミュニケーションはすべての健全な関係の基礎であり、またそうでなければなりません。結局、健全なコミュニケーションで解決できない問題はないのです。

また、一方のパートナーが充電や個人的な問題に対処するために一人で時間が必要な場合は、相手にそれを認めるだけでよいはずです。彼らの関係が健全であれば、相手は理解者であり、忍耐強く、何よりも相手のニーズを尊重するでしょう。

最後に

サイレント・トリートメントを誰かに行うことは、あなたの性格を物語っていることを今理解してほしいのです。明らかに、周囲の人にいい印象を与えるとは言えません。

ですから、もし今、愛する人と言い争いになり、黙ることで彼らを苦しめているのなら、自分が大きな人になるためには、話し合うしかないことを知っておくべきです。

問題を避けることは、決して正しい対処法ではありません。好きなだけ避けたり無視したりすることもできますが、実際のところ、遅かれ早かれ、それらは再び自分を悩ませるようになるだろうし、そもそも自分がすべきだった方法で、それらと向かい合う必要があるのです。

(クリームパン編集部)

恋愛カテゴリの最新記事