禁断の恋の名言:禁断の関係の魅力(3/3)

禁断の恋の名言:禁断の関係の魅力(3/3)

ひとつ確かなことは、恋に落ちることは自分で選んだことではないということです。

本日は、禁断の恋の引用をお届けします。

前編はこちら!

「私は彼をとても愛しているし、彼も私を愛している。しかし、私たちは愛を世界に知られないようにしなければならない。どうしたらいいのかわかりません。心が痛みます。」―不明

「禁断の快楽だけが過度に愛される;合法な場合には、欲望をかき立てることはありません。」―マルクス・クィンティリアン

「彼の手が彼女を抱きたいと言っている。彼の足は、彼女の…を追いかけたいと言っている。彼はおそらく、私がここにいて、彼のそばにいることを忘れているのだろう。」―矢澤愛

「片思いが一番高いメニューのときは、日替りで我慢することもあります。」―ミランダ・ケネリィ

「彼女はまだ彼を一目見たいと切望していることを嫌っていたが、それは何年も前からのことだった。」―ジュリア・クイン

「なぜなら、欲しいものが絶対に手に入らないことを知っていることよりも、欲しいものがあることを知っていることの方が悪いからだ。」ジェームス・パターソン

「誰かを見るたびに、自分がどれだけ多くのことを本当に望んでいるかを考えているのに、どうやって簡単に友達になれますか。」ドーソン・クリーク

「愛を必要としているのは最も愛すべき人ではなく最も愛せない人なのです。」―アシュリー・モンタギュー

「私はしてはいけないことを考える。私はしてはいけない夢を見る。すべきではないことが欲しいのですが、それはすべて1つの理由によるものです。私はあなたのことが大好きです。」―H.M.ワード

「私たちが持つことのできない愛は、最も長く、最も深く傷つき、最も強く感じるものです。」―不明

「何か普通のこと以上のものを発見したという気持ちを振り払うことができなかった。」ニコール・ギュラ

「私は彼の友達でいることを完全に幸せに思っています。実際、私はそれが大好きです。…私は彼にキスをしたいという信じられないほどの衝動に駆られています。それは消えませんし、私たちは一緒に完璧になれるという気持ちです。」―不明

「人生で最高の瞬間は、誰にも言えない瞬間です。」―不明

年齢差のある愛の言葉

「私たちの心はすでに壊れているでしょう。彼女がいなくなってさよならを言わなければならない時に私のをずたずたにすることになっても、私は彼女を癒すことができるかもしれないです。」―デブラ・ドクサー

「彼女を倒すことはできないと伝えたいです。私は彼女に、泳ぐためには私の手を離さなければならないと言いたいです。私は彼女に自分の人生を生きなければならないと言いたいです。しかし、私は彼女がすでにこれらの選択肢が彼女に開かれていることを知っていると感じています。そして、彼女もまた、彼女の選択をしました。」―田美太鈴磨

「本当に誰かを愛しているときに年齢は重要ではないと思う。2人とも同意している大人であれば、誰も気にしない。とにかく年齢は数字に過ぎない。なぜ他の人がそれについてどう思うかを気にするのか、自分が正しいと思うことを何でもするのです。」―不明

(クリームパン編集部)

恋愛カテゴリの最新記事