安全でないパートナーが関係を消耗させる11の兆候と問題(1/2)

安全でないパートナーが関係を消耗させる11の兆候と問題(1/2)

最も幸せな関係とは、お互いが対等な発言権を持っていると感じ、その関係に何を求めているのかを伝える関係です。時には、こうしたパートナー自身が問題の原因となることもあります。

何かが足かせになっている場合、例えば不安なパートナーが人間関係を消耗させ、私たちを安心させてくれない場合、私たちの私生活や仕事にも悪影響を及ぼす可能性があることを覚えておいてください。

私はここで、この有害な人間関係のサイクルを見つけ、この場合の最善の治療法をお教えしたいと思っています。また、パートナーがあなたの精神的な健康と関係を消耗させているかもしれないいくつかの方法を、他の関係に関するアドバイスと共に紹介します。

安全でないパートナーが関係を消耗させる理由

不安なパートナーは、恋愛関係に悪影響を及ぼす可能性が最も高いパートナーであることが多いとされます。不安の兆候が見られたら、パートナーに相談してみましょう。外見に不安があったり、人間関係に不安があったりします。

不安なパートナーが関係を悪化させる理由は数多くあり、どれも危険信号です。これらの理由の中には、自分自身、パートナー、または関係の不安が含まれます。

愛する人の不安は、何から来るものでもあり、様々な形で現れます。パートナーの気持ちや考え、行動を常に気にしている不安なパートナーは、相手にとって疲弊する可能性があります。

これにより、パートナー双方の関係が消耗し、有害な関係ではなく健全な関係にあると感じにくくなる可能性があるのです。

この場合、不安なパートナーは、パートナーの以前の関係に嫉妬したり、パートナーにとって十分ではないと心配したりする可能性があります。卵の殻の上を歩いているような気分になるかもしれません。

パートナー自身は不安な人間になって関係を消耗させるつもりはありません。ただし、彼らの自尊心は低く、彼らの幸福は問題になるかもしれません。大切な人の心の健康を助けることをお勧めします。

不安なパートナーが関係を消耗させる11の方法

以下に、不安なパートナーが関係を消耗させる最も一般的な方法をいくつか示します。

1. 信頼しない

愛は複雑だと誰もが知っています。いかなる関係 (特に不安定な関係) にも信頼を置かないことは大きな問題です。人間関係における信頼の欠如には多くの理由があるが、この問題を克服することは困難なことなのです。

パートナーがしているかもしれないことは、あなたの居場所や行動に集中しすぎることです。信頼関係を築くためには、双方が協力し、相手がどこから来ているのか理解しようとしなければなりません。

2. 束縛

人は、有害な関係や不安定なカップルに閉じ込められていると感じることがよくあります。パートナーが自分の人生の中で自分を囚人にしているように感じ始めるかもしれません。

実際、自分は自分らしくいられないと感じており、パートナーの気分は日々の行動に左右されます。パートナーがコントロールし、相手のためにすべての意思決定を行う場合もあります。その結果、無力感、怒り、恨みなどの感情が生じることがあるのです。

3. 愛に値しないと思っている

パートナーは自分の欠点にばかり目を向け、自分の良いところが見えないため、愛に値しないと感じるかもしれません。自分の欠点が大きすぎて誰かに愛されないと思っているかもしれません。

これが真実ではないことを知っているだろうし、これが彼らがあなたの関係を消耗させているかもしれません。心配ばかりするのではなく、自分を幸せにしてくれる人と一緒にいたいでしょう。

4. 親密さがない

無条件の愛とは、パートナーの欠点をすべて自分のものにし、それを受け入れることです。しかし、彼らとの親密な関係をやめてしまうと、これは難しいかもしれません。もちろんセックスだけの話ではないです。

セックスをしなくてもカップルが親密になれる方法はたくさんあります。これには、話したり、キスをしたり、寄り添ったり、性的でない方法でお互いに触れたりすることが含まれます。

5. 防衛的である

時には、防衛的であることは、あなたを失うことを恐れているときに行うことです。しかし、一度手に負えなくなると醜くなることもあります。

この防御力はどこから来るのでしょうか?自分の力不足を感じていることに由来します。最初の方法は、パートナーの不安がどこから来ているのかを理解しようとすることです。過去に傷ついた経験があるため、傷つきやすいと感じているのかもしれません。

また、将来を恐れているかもしれません。彼らに共感し、彼らの視点から状況を見るようにしてみましょう。

6. コンスタントに発生するインシデント

相手があなたを愛していないと思い始めているかもしれません。多くの人は自分が有害な関係にあることに気づいていないのです。このような人間関係の危険信号の一つは、継続的に故障や事件が発生していることで、彼らはあなたの後をつけたり、忍び寄ったりすることです。

自分自身やパートナーに与えるダメージに気づいていません。パートナーの行動と、それが自分にどのような影響を与えるかを認識することは不可欠です。

7. 承認されない

受け入れられ、愛されることは誰もが聞きたい褒め言葉です。相手から、それが聞こえません。自分の人生を常に否定することは、自分の関係に何があるのかを疑わせます。

相手はありのままのあなたを受け入れる必要があり、過去の過ちを不愉快に思わせ続ける必要はありません。人間関係においては、理解することが重要です。

二人の関係に意見の相違があるときは、お互いの気持ちや問題を率直に話し、それを見下してはなりません。

8. もう幸せはない

パートナーに愛されていると感じたり、パートナーとつながっていると感じたりするなど、関係の中で幸せになる方法はたくさんあります。例えば、パートナーから提供される以上のスペースと独立性が必要な場合、あなたは不幸になる可能性があります。

あなたとの関係に幸せはもうありません。自分の関係が自分の幸福を規定するものであってはならず、パートナーが怒り続けたいのであれば、相手に任せるべきであることを忘れないでほしいのです。一人で一日を楽しんでください。

(クリームパン編集部)

続きはこちらから!

恋愛カテゴリの最新記事