ものごとを気にしないようにする15の方法(1/5)

ものごとを気にしないようにする15の方法(1/5)

「気にしないようにしなさい。」という言葉をこれまでの人生で何度聞いたことでしょう。実際、腹を立てるたびに耳にする言葉です。

ストレスの可能性をすべてオフにするスイッチが脳にあれば完璧なのではないでしょうか?

残念ながら、現実世界ではそうはいきません。実際には、物事を気にしない方法を見つけることは、旅のようなものです。

それは多くの献身、内省、自制心、努力、時間とエネルギーを必要とするプロセスです。自分を幸せにするプロセスです。

さて、幸運なことに私たちは、あなたに道を示すためにここにいます。ここでは、いくつかの素晴らしいヒントを紹介します。これらは、物事を気にしない方法を学ぶのに役立つことでしょう。

1.手放す術を身に付ける

世の中の些細なことに煩わされないようにするための一番のステップは、精神的な重荷を取り除くことです。

何よりもまず、あなたに害を与えている人々を手放す必要があります。あなたを傷つけているものにはすべてその原因があり、その原因を人生から取り除くのがあなたの仕事です。

身近な人と縁を切るのは信じられないほど難しいことがよくありますが、親友や家族については特にそうです。

ときには、覚えている限りずっと隣にいた人がいて、その人と縁を切るのが怖いこともあります。あなたは共依存関係を築き、その人なしでは自分が失われてしまうと思っています。

まあ、その人たちがあなたの気分を悪くしているのであれば、連絡を取る必要はありませんよね。

自分の主張をはっきりさせるために、あるいは相手が自分を失うことを恐れるために、そうすべきではありません。

そうではなく、あなたに良い影響を与えていない人たちの人生を清算する必要があります。悪い雰囲気を持っていて、ネガティブなエネルギーを拡散するすべての人を、です。

もう1つ忘れてはいけないことは、意図していなかったものすべてを手放すことです。何人かの人があなたを捨てなければならず、あなたはいくつかのものと機会を失わなければならなかったことを受け入れます。

今さらどうしようもないから、頭を悩ませても仕方がないことです。手放すことが前進への唯一の道なのです。

2.過去にしがみつかない

ほとんどの場合、ささいなことが気になるときは、私たちが話している間には起きていません。実際、あなたは遠い過去の多くの人々や出来事に圧倒されています。

人生の全歴史を頭の中で何度も何度も繰り返しているようなものです。状況によっては違う対応をしたとでも言うのでしょうか?

なぜ今までの恋愛のようなことが起こったのでしょうか?どうして別れた人が黙って去っていったのでしょうか?

数ヶ月前に親友と喧嘩していた時、なぜ他のことを言ってくれなかったのでしょうか?先週の状況であなたは違う行動を取るべきだったのでしょうか?

毎晩、眠りに落ちる前に、このような質問に悩まされます。過去を変える力があれば、すべての問題は魔法のように消えると思っています。

しかし、言わせていただきたいのです。あなたには絶対にこれをする方法がありませんから、それにしがみつく意味はあるのですか?

過去を分析するのは、無駄なことです。それから学ぶだけで、それが属する場所に置いていけばいいのです。

過去にしがみつくということは、現在の生活を保留するということです。それはあなたに不必要な心配をもたらし、あなたの感情的、精神的健康を破壊します。

過去のことを考えて過ごす毎日は、自分の未来を盗んでいるようなものです。それは不変であり、この実践は今日より良いものを作るために何の意味もないことを受け入れるものです。

過去のことばかり考えていると、貴重な時間を無駄にしているだけで、今の自分の人生を生きていないことになります。

それを分析しても、別の結論に達したり、何かが変わったりすることはありません。

その代わりに、今を楽しみましょう。未来に集中して過ちを繰り返さないようにしてください。

3.優先順位を並べ替える

物事を気にしないようにする方法を見つけようとしている時、できるだけ早く始めなければならない重要なことの一つは、優先順位を整理することです。

確かに、この世には何も心配しない人はいません。

認めるにせよ認めないにせよ、私たちは誰でも何かに悩まされています。実際、このように感じるのはまったく普通のことです。結局のところ、人間はロボットではなく人間なのです。

しかし、心配しすぎる人とそうでない人の違いは、後者が慎重に戦いを選んでいることであり、それこそがあなたがすべきことなのです。

もちろん、気にして当然の人もたくさんいます。しかし、一番近い家族や同僚に同じだけのエネルギーを与えることはできません。

誰もが自分の優先順位を持っていて、何が重要で何が全く関係ないかを知っています。問題は、ほとんどの場合、違いがわからないことです。

あなたは、自分のお気に入りのシャツを台無しにしたという事実や、昨夜お金を使いすぎたという事実にストレスを感じたり、今朝あなたが道を横切ったときに隣人があなたに見せた嫌な顔にストレスを感じたりします。

これらの例が必ずしもあなたの人生に当てはまる必要があると言っているわけではありませんが、私がこれで何をしようとしているかはわかってもらえるでしょう。

優先順位リストの上位にあるはずのない、見当違いなことに我慢できなくなっていませんか?

だとしたら、いつの間にか疲れ果ててしまい、本当に大事なことに取り組むエネルギーがなくなってしまいます。

時間をかけて自分の優先順位を考え、それだけに集中しましょう。

(クリームパン編集部)

続きはこちらから!

恋愛カテゴリの最新記事