ものごとを気にしないようにする15の方法(4/5)

ものごとを気にしないようにする15の方法(4/5)

「気にしないようにしなさい。」という言葉をこれまでの人生で何度聞いたことでしょう。実際、腹を立てるたびに耳にする言葉です。

ストレスの可能性をすべてオフにするスイッチが脳にあれば完璧なのではないでしょうか?

残念ながら、現実世界ではそうはいきません。実際には、物事を気にしない方法を見つけることは、旅のようなものです。

それは多くの献身、内省、自制心、努力、時間とエネルギーを必要とするプロセスです。自分を幸せにするプロセスです。

さて、幸運なことに私たちは、あなたに道を示すためにここにいます。ここでは、いくつかの素晴らしいヒントを紹介します。これらは、物事を気にしない方法を学ぶのに役立つことでしょう。

前編はこちら!

9.コントロールすることに囚われない

実際のところ、人の考え過ぎの一番の原因は、心配になったり、煩わされたりすることが多いのですが、それは、自分自身や周りのすべてをコントロールしたいという欲求から来るものです。

あなたの理想を壊すのは嫌ですが、あえて真実を伝えるならば、あなたが努力しても、これは成功しません。

あなたがコントロールできるのはあなた自身だけです。自分の感情や周りの世界に対する反応をコントロールする能力は確かにあります。

しかし、誰かに侮辱されても、相手の意見を変えることはできません。彼らにマナーを与えたり、違うことを強要したりすることはできません。それは彼ら次第です。

一方で、これらすべてに対するあなたの反応は、あなたがコントロールできるものです。迷惑がるか、腹を立てるか、はねつけるかはあなた次第です。

どうかこれを受け入れて、風車と戦うようなことをするのはやめてください。あなたは勝てないからです。すべての状況を掌握することはできませんし、そうしようとしてもいけません。

それに、物事は常にあるべき姿になることを覚えておいてください。

10.不平を言っても事態は改善されないと理解しておく

何かに悩んだり怒ったりしているとき、心の自然な反応はそのことを話すことです。

だからこそ、あなたは自分の問題について誰にでも文句を言い、このアプローチがあなたの状況を良くすると考えるでしょう。しかし、実際には逆のことにしかなりません。

いや、人生が崩壊しそうなときに、すべてを心の中に留めて、完璧な状態にしておくべきだと言っているわけではありません。

実際、一番身近な人に意見を聞いたり、専門家のアドバイスを求めることは必要です。

しかし、同じことに不平を言い続けていては、いくら時間が経っても何の役にも立ちません。その代わり、傷を再び開くだけです。

自分を傷つけたことや誰かについて話すたびに、自分が経験した痛みを思い出すだけです。

傷跡が癒えることを許さず、同じ状況をもう一度繰り返しているようなものです。

このように、あなたはこの問題について動揺したままです。心が前に進むことを許さず、トラウマを乗り越えることができないのはあなた自身なのです。

実際、あなたは問題を拡大していますが、それはおそらく今ではなくなっているはずの問題です。徐々に自分の身に起きた些細なことを大げさに騒ぎ立てるようになっているだけです。

不平を言っても事態は改善されません。ですから、泣き言を言うことと、吐き出すことのバランスを取ることが大切です。

たとえば、不便なことに対処するときは、信頼できる人にそのことを話したり、状況を自分と一緒に経験したりしましょう。

結論が出たら、それ以上分析するのはやめて、そのままにしておきましょう。

ジャーナリングを試すこともできます。気になることをすべて書き出してパターンを見つけましょう。

11.事態を受け入れる

俯瞰して状況を把握すべきであることに、すでに気づいているかもしれません。何かが起こったときに、それを観察する角度を選ぶのはあなた次第です。

あなたがつらい別れを経験しているという仮定の状況を見てみましょう。もちろん、愛する人を失ったことで動揺することはあります。ただし、選択の余地はあります。

あなたは自分の悲しい運命を嘆き、これまでに起こった最悪のこととしてこれを観察することができます。

もう二度と誰かを愛することはなく、一人で死ぬと思うかもしれません。あなたは、その人がそばにいなければ道に迷ってしまうと思い、自分は愛されるべき存在ではないと思い始めるかもしれません。

一方で、これらはすべて、何か新しい、より良いものを手に入れるチャンスだと考えることができます。失敗した関係から学んだ教訓に集中することができます。

前向きに考えることができるはずです。自分の明るい未来を楽しみにしていてもいいですし、有害な元恋人を処分できたことを幸運だと思うこともできます。

これは二つの全く違う観点から見た同じ状況です。

1つ目は悲観的、2つ目は楽観的、どちらを選ぶかはあなた次第です。

自分を悩ませていることに集中しますか?それとも、人生でうまくいっていることすべてに集中しますか?

自分の損失に集中しますか?それとも前向きな気持ちを受け入れて、今持っているもの、これから得るものすべてに目を向けますか?

嫌いなことが起こるたびに、自分が惨めで不幸だと思いますか?それともあなたは、自分の周りにある恩恵を数えて、それぞれに感謝しますか?選択できるのはあなただけです。

(クリームパン編集部)

続きはこちらから!

恋愛カテゴリの最新記事